• HOME
  • 銀座のクラブの特徴

銀座のクラブの特徴

銀座のクラブの客層は首都圏ピカイチ!

銀座のクラブは、なんと言っても客層がよいというメリットがあります。新宿や六本木で働いている女性からすると、お客さんのマナーの良さや質の良さに驚くほどです。

客層は正直運に左右される部分もありますが、銀座のお客さんのほとんどがサラリーマンです。特に肩書き付きのサラリーマンが非常に多く、輩のような人たちが遊びに来ることは非常に稀です。そのため、必然的に客層はよくなります。もし、新宿や六本木の客層の悪さに悩んでいるなら銀座で働いてみるのをオススメします。政界の方やスポーツ選手が飲みに来るエリアとしても知られているので、ミーハーな方にもオススメですよ。

銀座のクラブなら女として成長できること間違いなし!

銀座のクラブは客層が良いだけでなく、しっかりと水商売の礼儀やマナーが学べるのも特徴です。銀座のクラブは基本的にママやチーママ、お姉さん方がいて、自客などが特にいない場合そのヘルプ(ゼロヘル)からスタートします。クラブはキャバクラと違い、複数のお客さんを複数のキャストさんでもてなします。そのため、『気配り』がポイントとなります。例えばテーブルについた時に、お酒が近くにあるなら積極的にお酒を作ってあげたり、灰皿を変えたりしましょう。経験が少ないうちは気を遣うところが多く、気疲れしてしまうかもしれませんが、必ず慣れてきますので最初のうちは辛抱です。お給料ももちろん重要ですが、それ以上に銀座のクラブでは学べるものが多く、人生で一度は経験してみると良いと思います。

『毎回アフターや同伴するのはちょっと・・・』

と言う方には、同伴やアフターを強制されない小箱のクラブ(ミニクラブ)や、派遣という形で働くことをオススメします。

銀座のクラブは日給制!どうやったら日給は上がるの?

銀座のクラブは一般的には日給制です。比較的小さめのクラブは時給制の所も多いですが、高級クラブは日給制のスライドがほとんどです。スライドは純売り10万円で2,000円ずつ上がっていくのが銀座のクラブのルールとなります。例えば日給30,000円で40万の売上を作った月は、日給が38,000円で計算されて支給されます。
また銀座のクラブは係り制という制度を採用しているお店が多く、係りについたお客さんがお金を使ってくれることで自分の売上になります。自分のお客さんがいない場合はヘルプからはじめることになりますが、そういう場合はお客さんにとってNo.2を目指して接客を頑張りましょう。当然ヘルプのうちはお客さんがお金を使ってもその係の人の売上で自分の売上にはなりませんが、その係の人がお店を辞めるときにヘルプであるあなたの活躍が認められればそのお客さんをもらうことができます(=あなたが今後は係になります)。そうなると自分の売上になり、日給も上がっていきます。

キャバクラのようにフリーのお客さんが入らないクラブは、新規のお客さんを掴むケースが少ないですが仕事ぶりが評価されればチャンスは必ずやってきます。自分のお客さんでなくても、ママさんに気に入られていれば同伴を許可されることもあり、同伴ポイントを稼ぐことも出来ます。クラブでは上の方に気に入られるのがポイントです。慣れないうちはクラブのルールに戸惑うこともあると思いますが、優しく教えてくれますので安心して一歩踏み出してみましょう!