銀座のクラブの客層は?どんなお客さまが来店するの?

銀座のクラブ
ブログ

銀座のクラブで働く上でやっぱり気になるのは、どんなお客様がいらっしゃるのかではないでしょうか。接客をするうえで客層はとても大切なものですし、どんな人が来るのかによって接客の方法も変わってきます。直接席につきお話する機会の多いホステスだからこそ、どんな客層が多いのかは働く前から知っておきましょう。

銀座のクラブに訪れる客層とは

銀座のクラブに来る人は、もちろんお店の雰囲気によっても違いますが主に大企業に勤めている人や勤めていた人が多い印象です。会長や社長など比較的時間にもお金にも余裕があって心の広い人で年代は主に50歳~60歳前後の人がメインです。この年代よりも若い人の場合は、一人でお店に来るわけではなく連れとして来る場合がほとんどです。大きな声ではいえないものの、地主さんなんかもいてもちろんお金には困っていない富裕層です。稀に芸能関係者の人が来ることもありますが、大半は役職についている企業人です。
銀座のクラブに来る男性は、お金を持っていても成金など自慢してきたり嫌な雰囲気の人ではなく、親切で優しく余裕のある人が多いと言われています。下ネタで盛り上げるような品のない人はいませんし、話していておもしろいおじさまが大半です。今までキャバクラなど別の業態で働いていた人にとっては、あまりの客層の違いに驚くかもしれません。

銀座のお客さんがホステスに求めているもの

銀座ならではの落ち着いた雰囲気で知的な会話を求める人が多いので、その場のノリだったり勢いで話をするのではなく、内容のある話ができるホステスに魅力を感じます。政治・経済などの話はもちろん、専門的な話に対しても興味を示し、理解しているかどうかは話していればわかるはずです。キャバクラのような酔った勢いで騒ぐような飲み方ではなく、静かに淡々とお酒を楽しみたい人が多く、ゆっくりとした贅沢な時間を楽しんでいくような人たちです。そもそも銀座に来る男性はほんの一握りにしか過ぎず、一流の方たちばかりです。そのため求める接客も高い傾向にあります。マナーができていないホステスに対して不快感を示す人もいますので、席につく前に銀座の基本的なマナーをしっかりと抑えることが大切です。

まとめ

銀座のクラブに来る客層は、社会的な地位やステータスも高い優秀な人ばかりです。そのため話すだけでも学べることはたくさんありますので、教えてもらっている尊敬の気持ちも忘れずに接客できるとお客様からも好かれるはずです!

関連記事一覧