• HOME
  • 銀座のキャバクラ・ニュークラブの特徴

銀座のキャバクラ・ニュークラブの特徴

銀座といえばクラブ、というイメージが強いかもしれませんが、キャバクラやニュークラブなどの時間制のお店も意外と多いのはご存じですか?

クラブは基本的に会員制で一見さんは入れませんが、キャバクラはフリーのお客さんも入るため、ゼロからお客さんを掴むためにキャバクラから入る女性も多いです。六本木や歌舞伎町のキャバクラよりも客層がよく、無理矢理飲まされるようなこともほとんどないので、はじめて水商売を始めるには銀座のキャバクラを検討してみてもいいかもしれません。

ただし、土地柄もあって銀座は他のエリアよりも単価が上がりますので、他のエリアで掴んだお客さんを引っ張ってくるのは難しいと言えます。また、比較的小さな箱(といっても中箱くらいですが)が他のエリアよりも全体的に多いので、超大箱で働きたいという方には向かないかもしれません。もちろん、指名バックやドリンクバックなどのバック類は他のエリアと同じようにありますし、売上スライド制のお店が多いので、結果が付いてくれば自然とお給料も上がっていきます。

ニュークラブって何?

キャバクラやクラブは良く聞くけど、ニュークラブをご存じでない方も多いと思います。ニュークラブという業態は、一言で言えば”キャバクラとクラブシステムのいいとこ取りをした高級キャバクラ”といった感じです。ニュークラブの定義は厳密に言うと複雑なので割愛しますが、基本的には高級キャバクラだと思ってもらって大丈夫です。ただし、システムがお店によって違うため、例えばママさんがいるニュークラブもあればいないニュークラブもあります。時給制のニュークラブもあれば日給制のニュークラブもあります。このあたりのシステムは面接時に確認するようにしましょう!

当サイトがご紹介しているキャバクラ、ニュークラブは、どの箱もお付き合いが長く、他の紹介会社よりも良い条件で紹介できるメリットがあります。未経験の方はもちろん、他のエリアの客層が悪くて銀座に移籍したい・・・といった相談も大歓迎ですので是非一度ご相談ください!