銀座のクラブで働くなら知っておきたい接客の基礎知識

クラブ未経験の女性
ブログ

銀座のクラブならではの接客が求められます。お酒の作り方や、グラスの拭き方、タバコの火の付け方など、どれも知っていて当たり前の接客です。この接客のコツを知らないと接客以前の問題になってしまいます。銀座のクラブで覚えておきたい接客のコツを説明します。
ここでご紹介する内容はあくまでも銀座のクラブの一般的なルールです。クラブによっては異なる場合があるので、不安な場合は面接時や体入時に確認するのがベストです。

銀座のクラブで働く前に覚えておきたい接客のコツ

1.お酒の作り方
お客さんの席についたら最初にすることといえば、同伴してきたホステスがお店で着替えたり準備をしている間に、お客さんの席についておもてなしをします。机の上にはゲストグラス(お客様用)とレディースグラスが置いてあります。お客さんに飲み方を確認しロックの場合は別にグラスをもらいます。机の上にはお客様専用のキープボトルが用意されています。ゲストグラスの氷はたっぷりめにし、指二本分のお酒を入れ、水はグラスに8割程度で見栄え良く。マドラーは13回半程度混ぜてコースターの上におきます。女の子がお酒を飲めるのはお客さんに「飲んで下さい」と言われてからです。

2.タバコに火をつける
銀座のクラブではマッチを使うケースが多いので、できればライターとマッチの両方を覚えておくようにしてください。お客さんがたばこに手を付けた瞬間を見計らい、まずは自分の手元で火をつけてからもう一方の手で火が消えないように覆いながら口元に持っていきます。火をつけ終わったマッチは離れた場所で火を消し別の灰皿に捨てます。銀座のクラブではタバコの吸い殻が1本あれば灰皿交換をします。新しい灰皿を重ねた状態で吸い殻が入っているタバコは下にして、灰皿を手元に引き交換します。

3.グラスの拭き方
銀座のクラブでは机においてあるペーパータオルを使って拭きます。タイミングとしてお客さんのグラスのお酒が少なくなり作るタイミングもしくは、グラスが汗をかいているときがベストです。グラスをテーブルに置いた状態でまわりを軽く拭き取るようなイメージです。クラブによってはハンカチやハンドタオルを使う場合もありますが、銀座のクラブはペーパータオルで拭くので間違えないようにしてください。

まとめ

銀座のクラブでの接客は他のナイトワークとはちょっと違う方法を用いる場合が多く、お客さんも他の女の子もそれができて当たり前です。最初は覚えることも多いので戸惑ってしまうこともあると思います。もちろんお酒を作るのに集中しすぎてお客様との会話がおざなりになってしまうことがないように気をつけてくださいね。

関連記事一覧