銀座のクラブは一見さんお断り!これってどんな制度?

銀座のクラブは一見さんお断り
ブログ

銀座などの高級クラブでよく耳にするのが「一見さんお断り」という言葉ですよね。なんとなくで使っている人もいるかもしれませんが、そもそもどんな制度なのか知らない人も多いのではないでしょうか。銀座などの高級クラブで働く上で覚えておきたい、一見さんお断りについて詳しく説明していきます。

■銀座の高級クラブでの一見さんお断りとは

銀座のクラブでも、一見さんお断りにしているお店もあればそうではないお店も存在します。バブルの頃を境に銀座でも店舗数は減っていますが、会員制のクラブは一見さんお断りの傾向が強いようです。クラブにもランクがあるように比較的カジュアルに楽しめるお店もあれば、一流のVIPしかお店に入れないクラブもあります。
そもそもクラブは社交の場としても知られていて、いきなりお店に来たとしても入れません。ときにはクラブのママを通して企業と企業の橋渡しをすることもあり、一流の企業の人達が揃います。ママの紹介になると断らないケースも多く、いかに力を持っているのかもわかりますね。

■銀座の高級クラブは紹介制が基本

銀座の高級クラブは基本はすでにお店に来ているお客さんの紹介で入る場合が多く、一流の人のみが楽しめる空間でもあるのです。会員になるだけでもお金がかかる場合もありますし、最低年収の基準もあります。それなりの収入や責任のある立場の人が楽しめる場でもあります。
なかには芸能人や政界などTVで見るような人たちが足繁く通っているお店もあります。誰でも入れるお店だとプライバシーが漏れてしまうこともあります。高級クラブではお客さんのプライバシーを守る為にも、紹介者がいないと入れないようにしてお店としても信頼を守っているのです。
また、銀座の高級クラブに勤めているホステスにお店を紹介してもらう場合もあります。ホステス自身が責任を持つ形になるので迷惑をかけないように配慮しなくてはいけません。こういったコネクションでお店に来ているお客さんもいらっしゃいます。

高級クラブで飲みたければ通っている人に紹介してもらうのが間違いなし!

銀座の高級クラブにもなると一見さんお断りですし、お店に入りたいと思ってもなかなか入れません。社会的にもハイグレードの男性を相手にお話をする場でもありますし、ある程度お店に通い慣れていたり、ママのお客様なんてこともあります。お店としての品格を保つためにも一見さんお断りにして一流の価値を守っているのです。ただ女の子と話がしたいからとか、お触りをするようなお客さんがいないのも銀座ならではです。

関連記事一覧