銀座のクラブで働くときのマナーや知っておきたいこと

銀座の高級クラブの接客
ブログ

銀座のクラブで働きたいと思っているのであれば、知っていて当たり前のマナーや知っておかなければならないことがあります。今までナイトワークの経験がある人でも、銀座特有のマナーを知らないと恥をかくことになってしまいますよ。まずは銀座ならではのお客様の考え方、マナーについて説明します。

銀座のクラブでは理想の女性を演じること

銀座のクラブに来店されるお客様の多くは、40代~60代の大人の男性です。実際に銀座のクラブで働いている女の子の年代は20代~30代なので、親子ぐらい年齢が離れている男性をおもてなししなくてはいけません。お客様とは疑似恋愛を楽しむ場所でもあり、お客様に対応する為のマナーや仕草・常識を身につけることが大切です。席についたのに会話ができず無言になってしまうなんてホステスの仕事ではありえません。

社会的にも地位の高い男性が来店されるので、会話を盛り上げる為の話題を知っておかないといけません。そのためには新聞を読んだりニュースで話題になっているような話題は知っていて当たり前ですし、社会的な常識を知っていることはホステスの基本です。また銀座のクラブならではの接客マナーも知っていて当たり前です。

お客様に気持ちよくなってもらう接客

銀座のクラブでは高いお金を払って通ってくれているお客様であることを忘れてはいけません。なかにはクラブのママのファンで長年通っているお客さんもいます。銀座のクラブに通うようなお客様は金銭的に余裕もあるので、ママを目当てにしていてもお店の女の子に対してもお酒やご飯をごちそうしてくれることもあります。

そんなお客様の気分を損ねてしまうのは、お店のママの顔に泥を塗ることになります。「いい子見つけたね~」なんて言われたほうがママにとっても嬉しいもの。銀座のクラブではママの顔を立てること、絶対にママの悪口をお客様に言ってしまうような質の悪い接客をするのはNGです。

まとめ

銀座のクラブに通うお客様はいろいろなお店を知っている、目の超えたお客様が多く女の子に求めるものも多いのでただアルバイト感覚で働こうとすると上手く両立できないことも出てきてしまいます。
お客様との付き合いでお店を途中で抜けて同伴することもありますし、ママやお姉さんとの関係も上手にこなさないといけません。もし同伴したときはお礼の気持ちを伝えなくてはいけませんし、銀座のクラブで学べることは社会的にも役に立つものがたくさんあるはずです。

関連記事一覧