銀座のクラブで働くのは何歳まで?採用者の本音を教えます!

銀座のクラブの選び方
ブログ

「銀座のクラブって一体何歳まで働けるの?」

そんな疑問を抱えている女性から多くお問い合わせを頂きます。求人サイトには、「何歳でもOK」「未経験者歓迎」といったワードが並んでますが、実際の所はどうなんでしょうか?本音を知りたい方に銀座スカウト.comではお店側の本音をお伝えします。

結論から言うと35歳以上は厳しい※ただし例外あり

銀座は比較的キャストの年齢層が新宿や六本木と比べると高くなる傾向ありますが、それでも35歳を超えると採用率はかなり下がります。もちろん、35歳を過ぎても現役の方もいらっしゃいますが、やはり20代には敵いません。明確に35歳まで、と線引きしているクラブは少ないですが、やはり30代前半までと考えておいた方が良いです。

ただし、例外もあります。一つは、お客さんを持っていて入店後すぐに売上を作れる場合。水商売は完全実力主義なので、売上がはじめから見込める場合はお店の見方は変わってきます。お店側の最大のリスクは、採用したものの一向に集客に貢献できない、というケースです。ただ、お客さんがはじめからついているのであればお店側からするとリスクヘッジになるため、採用のハードルは下がるわけです。ただし、お客さんがいる=必ず採用されるという訳ではありません。お店のカラーや方針もあるので、あくまでもプラスの材料という考え方でいるようにしましょう。
もう一つは見た目年齢が20代に見えるケースです。夜の世界は、実年齢を偽って働くことはよくあります。面接時には実年齢を伝える必要がありますが、お客さんの前ではあまり実年齢は関係ありません。35歳を超えてても、周りからよく若く見えると言われるようであれば働けるチャンスは十分にあると言えるでしょう。

35歳以上でも高望みしなければ働けるケースもある

35歳以上でお客さんもいない、見た目年齢も年相応、という場合でも採用されるケースもあります。結局お店の求めるニーズというのはお店それぞれですし、時と場合によって常に変化します。30代以上の落ち着いた女性を求めているお店もあるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
ただし、高望みはNGです。どうしても市場価値的に35歳以上は小さくなります。時給でいえば2000円〜3000円が相場なので、それくらいの時給でも働きたいのかどうかと言えます。

関連記事一覧