売上嬢(ホステス)とヘルプって何が違うの?

銀座のクラブ派遣の女性
ブログ

銀座のクラブでは他のナイトワークとは違う独特のルールがあります。特に「売り上げ嬢」なのか「ヘルプ」なのかによっても仕事の仕方や給料形態などすべてに違いがあります。銀座のクラブではどちらもいないと成立しません。今回はその売り上げ嬢とヘルプの違いについてお伝えしていきます。

売り上げ嬢とヘルプの違い

売り上げ嬢についてですが、基本的にホステスを本業にしているお姉さんのことを指します。お店の為にどんどん売り上げを作り出すホステスになり、お客さんの「係」として接客をします。高級クラブでは一度指名したホステスを「永久指名」することが原則になります。永久指名とは、一度ホステスを指名したらそのお店で飲む限りそのホステスを指名し続けないといけないと言うことです。
そして自分が係として指名をもらっているお客さんの売り上げが、自分の給料に反映されます。基本的に頑張れば頑張るだけ給料が高くなり、将来的に自分のお店を持つ人も多いといわれています。稼げる分、売り上げ嬢になるとお客さんがこなければ給料が入りません。売り上げ嬢になると月に数百万円単位で稼いでいる人もいます。
一方、ヘルプは1人のお客さんに対して3~4人がついて接客をします。売り上げ嬢1人にヘルプが2~3名となり、お店が混雑していない時間帯は多めの人数がつくこともあります。席についているときに、ボトルやドリンクが出ても基本的には売り上げ嬢の売り上げになります。
これは同伴をしても同じで、同伴料は売り上げ嬢に入る仕組みです。そのため、売り上げ嬢のお客さんであってもアフターをして一緒にお食事や飲むこともあります。基本は日給制で、シフトに多く入っていないと稼げません。

売り上げ嬢は美人でないとなれない?

正直これに関しては「そうとも限らない」といえます。シフトにたくさん入っていて売り上げを出せるような高価なお客さんを持っているホステスは給料面でも優遇されます。でも見た目だけの美しさであれば銀座のクラブではごまんといます。その中でもお客さんが求める以上の接客ができていたり、連絡がマメで飽きさせない工夫をしているなど、日々努力をしているホステスは稼げている人が多いように思えます。実際売り上げ嬢と話してみると人気のある理由がわかりますよ。

まとめ

銀座のクラブ特有の売り上げ嬢とヘルプの関係は、最初は慣れないこともあると思います。完全に新米のホステスになると固定のお客さんをつけるゼロヘルプなどもありますので、銀座にお試しがてら働いてみたい人はゼロヘルプから挑戦してもいいと思います。どのぐらい稼ぎたいのかや理想の働き方によっても変わります。

関連記事一覧