銀座のクラブのママ、チーママ、お姉さんってどんな人?

銀座のクラブのママ
ブログ

銀座の高級クラブでは、ママやチーママ、お姉さんなどさまざまな役割があります。同じお店で働いていても、実際に行う仕事や給料面でも違いがあるものです。今回は、それぞれどんな違いがあるのか、どんな仕事をしているのかをご紹介します。

■銀座高級クラブのママとは

まず、クラブのなかでも上位の存在でもあるママ。高級クラブでもママがいるところとそうでないところがありますが、銀座ではほとんどの高級クラブにママがいます。ママの仕事は、例えるならキャバクラのナンバーワンがお店の経営もしているようなもの。高級クラブの売上の管理(お店の仕入れやホステスのシフト調整)はもちろん、大口のお客様への接客(お店に来たときだけでなく、連絡したりお歳暮など)、ホステスやボーイの採用など、やらなくてはいけないことも多く、ママになったら自分のホステス経験を活かしながらスタッフの教育にも力を入れています。
高級クラブのママは、とにかく大忙しですし、常にお店の中を管理している存在です。そんなママの給料ですが、どのぐらい稼いでいるのかによっても変わります。30万円程度のお店もあれば、なかには100万を超えるお店もあります。ママでも自分のお店を持っているオーナーママと、雇われているママなのかによっても給料が変わります。お店の売上があがればその分ママに入るお金も多くなりますが、売上が下がれば数万円程度…なんてこともあるのです。

■銀座の高級クラブのチーママとは

高級クラブではチーママと呼ばれる人もいます。ママの下についてサポートを行う存在なのですが、ママの仕事を手伝いつつお客様への接客を行います。もちろんママ志望の人が多く、チーママとして仕事をしながらママになったらどんな仕事があるのかを学ぶ機会にもなります。ママが不在のときはお店のトップとしてお店全体を回さなくてはいけません。ときにはスタッフの管理もしますし、お客様の相手、経営に関わることもあります。忙しいママにとってチーママは欠かせない存在です。

■それじゃあお姉さんは?

主にクラブのナンバーワンやナンバーツーの存在で、売上を管理している重要な役割を担っているのが、お姉さんです。自分が担当しているお客様から売上を徴収して自分が契約しているお店に売上を収めます。お店ごとに歩合が決まっているので、もしお客様からの売上がない場合は、自分の実費でお金を入金しなくてはいけないこともあります。ホステスにはヘルプという働き方もありますが、責任とリスクを考えても仕事にかかる負荷も違います。

■少しややこしいですが、各ポジションと仕事内容を押さえておきましょう!

銀座の高級クラブでのママ、チーママ、お姉さんについて説明しました。それぞれ別々の仕事をしているのはもちろん、役割や責任も違います。ただいずれも重要なポジションであることに変わりはありません。上手く付き合っていけるようにしたいですね!

関連記事一覧